働きやすさ抜群の老人保健施設

老人保健施設における介護士の仕事は、身体介助と生活介助の2つがメインです。
老人保健施設には、医師と看護師が在籍しています。老人保健施設の場合は夜間も看護師が居ますので、医療行為については完全に任せることができます。

老人保健施設では、血圧の測定やたんの吸引といった医療処置は全て看護師が行います。そのため、介護士は自分の仕事に集中することが可能なのです。
看護師と介護士で、はっきりと仕事内容が違っているのが老人保健施設の特徴です。介護士が看護師の変わりをすることはありませんが、場合によって看護師が介護士の作業を手伝ってくれることはよく見られます。
役割分担がきちんとできていることで快適に仕事をすることができ、大きすぎる責任を担う必要はないので、ストレスで追い込まれる可能性は低いです。

基本的に、老人保健施設では医師や看護師が大きな責任を担います。日中しか医療関係者が居ない施設に比べると、働きやすいと感じている介護士は多いです。

そもそも、老健では入院するほどではない高齢者さんが、自宅復帰を目指して療養しています。自宅で問題なく生活できるように、リハビリを担当している場所なのです。そのため、ある程度健康な人たちを相手にすることが多く、その点でも苦労が少ないと言えるでしょう。完全な寝たきりの方を介護するわけのではないので、比較的少ない労力で作業を行うことができます。

また、利用者さんが自宅に帰れるようになった時は、大きなやりがいと感動を味わうことができます。そのため、老人保健施設は総合的に見てメリットの多い職場だと評価されることが多いです。
興味がわいた方は、老人保健施設でのお仕事について是非チェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です