社会福祉士が担う役割

老人保健施設とは、65歳以上の医療を必要とする高齢者さんが、自宅復帰に向けてリハビリテーションを行うための入所施設です。医療スタッフ・理学療法士・管理栄養士など、様々な専門スタッフが集まっています。

社会福祉士も、施設で働くプロフェッショナルの1人です。「ソーシャルワーカー」と呼ばれることもあります。社会福祉士は、高齢者さんのみならず、障がいを持っている人やお子さんなど、広い範囲で社会福祉を必要としている人達をサポートする専門職です。超高齢社会となっている現代では、社会福祉士に助けを求める高齢者が増えてきています。

社会福祉士の老人保健施設での役割は、利用者さんが様々なサービスを適切に受けることができるよう、総合的にサポートすることです。
加えて、利用者さんの家族からの相談を受けたり、病院や自治体との連携などを行ったりと、仕事内容は多岐に渡ります。

老人保健施設では、支援相談員や介護支援専門員(ケアマネージャー)といった職種として採用されることが多いです。
入所前の相談に始まり、入所中の相談やサポートなどを行います。利用者さんがいよいよ自宅で生活することになった場合は、自宅で受けられるサポートの紹介や申請も行います。
利用者さんやそのご家族と深く関わって支援する職種なので、大きなやりがいを感じることができます。高い専門性とコミュニケーション能力が必要な職業です。今後、その役割はますます重要になってくることが予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です