連携を取る重要性

別名「老健」と呼ばれる老人保健施設は、医療ケアやリハビリを中心にサービスを展開している施設です。
内容としては、食事や入浴といった生活のサポートをメインに、看護師による毎日のバイタルチェックなどが行われています。

施設では、医療や介護に関わる専門家達が、協力しながら仕事を行っています。医師・看護師・介護士・栄養士など、色々な職種の人がコミュニケーションを取りつつ、利用者さんの快適な生活のために頑張っているのです。

老人保健施設の主な役割と仕事内容を見ていくと、まず包括的なケアの提供が必須だということがわかります。施設では、利用者さん一人ひとりのリハビリ目標や支援計画を明確に立て、達成に向けてサポートしています。体力の回復や、自立して暮らせるようにリハビリすることが目的の施設です。リハビリを集中的に行うためにも、資格を持っている人を中心に作業を進めます。
施設には医師や看護師も在籍しており、脳卒中や認知症などのケアに努めています。

利用者さんへのサポートに加え、地域貢献できるように日々業務に取り組まなければなりません。利用者さんだけでなく、ご家族さまのケアも大切なお仕事です。市町村の自治体などと連携してサービスを提供することが大切なのです。

連携がしっかりと行われることで、利用者さんへのサポートをスピーディーに進めることができます。医師、看護師、介護士らが、協力してサポートできる体制を組むことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です